>

事務所が決まったら依頼する

書類をしっかり読むことが大切

本格的に浮気調査を依頼する時は、書類にサインをします。
重要事項を見落とさないでください。
簡単にキャンセルできないので、本当に良いのか何度も書類を見返しましょう。
また、分からないことがあったら質問してください。
契約を結んだ後に納得できないことがあっても、キャンセルできません。
余計な費用が発生したり、自分の期待した浮気調査をしてくれない可能性があります。

何度でも質問して良いので、疑問を解決してから契約を結んでください。
契約が完了したら、さっそく浮気調査を開始してくれます。
専門的な知識を持っているスタッフが担当すれば、すぐ浮気の真偽が判明するでしょう。
浮気が本当だった場合、どのような対応をすれば良いのかも調べておきましょう。

費用や日数は重要な部分になる

契約を結ぶ前に、調査に必要な費用を聞いてください。
予算内に収まっていたら、浮気調査を任せても良いでしょう。
優秀な人が担当してくれるのはありがたいですが、予算を越えたら支払いが滞ります。
前もって、どのくらいの予算を確保できるのか考えておきましょう。
また費用の他に、日数も重要になります。

なるべく、少ない日数で結果を出す探偵社に任せるのが良い方法です。
すると費用が少なくて済みます。
1日の調査費用が高い探偵社でも、3日程度で終わらせてくれたら10万円ぐらいで済むので予算が少ない人でも安心です。
浮気調査の難易度によって、必要な日数が変わります。
日数を言われたら、なぜこのぐらいの日数になるのか聞いて納得できたら任せましょう。


この記事をシェアする